デメリットはある?

最後に、デメリットについてです。先ほども挙げたように、設備は借りることになるのですが、この設備は、20年くらい稼働をすれば自分の物にすることができる、という契約で結ばれることがほとんどです。将来的には自分の物になる、ということですが、実際問題、そこまで一度借りた設備が20年も持つわけがありません。大抵は数年でボロが出て交換をしたり、災害などによって故障したりしてしまいます。無償で交換をしてもらえる場合もありますが、交換などには時間もかかりますので、その際の利益は出ないために、結果としては損をしてしまいます。

また、出口戦略が立てられないこともデメリットの一つです。賃貸経営ならば、将来的に不動産として売りに出すことができますが、太陽光発電の場合には、その土地は遊休地として活用していることになり、買い手がほとんど付きません。例え、発電に向いていなかったり、故障が相次いで撤退を考えていたとしても、その土地を手放すことができずに、後々かなりの損失になってしまう可能性がある、というリスクが太陽光発電には隠されているのです。

以上のことから、太陽光発電の投資は手堅くはあるものの、それなりにリスクが高い闘志でもある、ハイリスクハイリターンの投資だと言えます。ただ、注意すべき点にしっかりと注意をしていれば、成功に確実に近づけますので、頑張ってみましょう。

導入時のポイント

まずは、導入時のポイントです。端的に言ってしまえば、ソーラーパネルの導入をするためには、かなりのお金がかかってしまい、なるだけ利益が出るようにしなければ、かなりの大損をこいてしまう可能性があります。

そのためにはまず、自分の土地が太陽光発電に向いているかどうか、ということを調べておく必要があります。日照時間がしっかりとあることや、周りに建物があるせいで、日陰になってしまうことはないか、などは下調べしておきましょう。ソーラーパネルは日光を浴びていなければ、折角設置をしてもただのあオブジェクトになってしまいますので、土地を持っていたとしても、日の当たらない土地であれば、向いていないので、辞めておいた方がいいです。

次のポイントは、どこから設備を借りるかです。ソーラーパネルは自分で購入するのはほぼ不可能です。特に最近では太陽光発電のための投資が受けられなくなってしまいましたので、設備の一式の購入なんてことはまずできません。

ですので、設備は自身が契約することになる電力会社などから借りることになるのですが、その値段が丁度いいところや、条件が悪くないところを選ぶようにしましょう。それだけでも、利益は増えますので、適当に選ばないように注意しましょう。

他の不動産投資とはどう違う?

土地が余っているのならば、固定資産税を無駄に支払うことにならないためにも、土地活用をするのがいいとは良く聞くと思います。

しかし、一体どのような土地活用を行うのがベストなのか、ということがあまり分かっていない方もいます。もちろん、将来的なことは全く分からないので、最良の手段というものはありません。

そんな中でも比較的手堅い不動産投資と言われるのがソーラーパネルを利用した太陽光発電による土地活用の投資です。太陽光発電への投資は、その他の不動産投資とは違雨天としては、定期的な収入がほぼ確実に入ること、10%以上の利回りが確実にああること、などが挙げられます。不動産投資の最もポピュラーな方法である、賃貸経営の場合は、入居者がいなければ利益を出すことができなかったり、利回りが10%を切ることが多いことなどが指摘できるために、太陽光発電の投資が手堅い手段だと言われているのです。

ただし、これは太陽光発電が比較的うまく言った場合です。そもそも、太陽光発電の投資はそこまで歴史が長くは無いので、成功データが少なく、わずかな成功データの中から、どのようなことに注意をすべきか、ということが分かっていません。

ですが、そのようなデータの中からも、導入時に気を付けるべきポイントがあること、他にはデメリットが存在することが分かっています。それらを今回説明したいと思いますので、こらからの投資先として太陽光発電を考えているのであれば、ぜひとも知っておいてください。