他の不動産投資とはどう違う?

土地が余っているのならば、固定資産税を無駄に支払うことにならないためにも、土地活用をするのがいいとは良く聞くと思います。

しかし、一体どのような土地活用を行うのがベストなのか、ということがあまり分かっていない方もいます。もちろん、将来的なことは全く分からないので、最良の手段というものはありません。

そんな中でも比較的手堅い不動産投資と言われるのがソーラーパネルを利用した太陽光発電による土地活用の投資です。太陽光発電への投資は、その他の不動産投資とは違雨天としては、定期的な収入がほぼ確実に入ること、10%以上の利回りが確実にああること、などが挙げられます。不動産投資の最もポピュラーな方法である、賃貸経営の場合は、入居者がいなければ利益を出すことができなかったり、利回りが10%を切ることが多いことなどが指摘できるために、太陽光発電の投資が手堅い手段だと言われているのです。

ただし、これは太陽光発電が比較的うまく言った場合です。そもそも、太陽光発電の投資はそこまで歴史が長くは無いので、成功データが少なく、わずかな成功データの中から、どのようなことに注意をすべきか、ということが分かっていません。

ですが、そのようなデータの中からも、導入時に気を付けるべきポイントがあること、他にはデメリットが存在することが分かっています。それらを今回説明したいと思いますので、こらからの投資先として太陽光発電を考えているのであれば、ぜひとも知っておいてください。